2018年05月24日

今年もスペクトラムカフェ、行います!

先日、総会が無事終わり、今年度の活動が承認されました。

スペクトラムカフェ、今年も行います。
新しいゲストスピーカーの方もいらっしゃいます、
お楽しみに。

日時 毎月1回、土曜日 14時〜
場所 やねのうえのガチョウ 
    富山市呉羽町2164-9(呉羽高校向)
参加費:無料

ゲストスピーカーの皆さん
☆ 6月23日(鈴木さん:富山県発達障害者支援センター「ほっぷ」)
☆ 7月 7日(榊先生 :当協会副会長、県立大学教授)
☆ 8月25日(水内先生:当協会副会長、富山大学人間発達科学部准教授)
☆ 9月15日(宮田隼さん:コミュニティーハウスひとのま)
☆10月20日(八木先生:当協会会長、小児科医)
☆11月10日(末村さん:with+代表)
☆12月15日(宮田妙子さん:ダイバーシティとやま代表)
☆ 1月19日(林原さん:ヴィストカレッジ)
☆ 2月16日(久保さん:富山県自閉症協会会員)
☆ 3月16日(北川さん:富山県発達障害者支援センター「ほっぷ」) 



コーヒーと美味しいクッキーをつまみながら、気軽にお話ししましょうよ!

お待ちしております。

cafe2018.jpg
posted by 富山県自閉症協会 at 19:31| Comment(0) | 各種情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

第8回 地域福祉フォーラム in TOYAMAについて

第8回地域福祉フォーラムinTOYAMA.pdf〜0歳から100歳までの、いきいきとした暮らしを支える思い」と「知恵」と「腕」〜

地域には、障がいのある方の生活支援のみならず、生活困窮・社会的孤立・高齢化など何らかの理由で「生きにくさを抱えている人」がいて、現存の制度だけでは救うことが難しい様々な社会課題がたくさんあります。
誰もが生まれてから年が老いるまでいきいきと暮らすことができる。それを支えるための制度や社会資源として、「住まい・医療・介護・予防・生活支援」が一体的に提供される「しくみ」をつくることが必要です。
未来志向で暮らしを支える「思い」「知恵」「腕」、一緒に考えましょう。

日時:平成30年3月3日(土) 
   受付   9:30
   開演  10:00
   終了  17:00
場所:富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホール
   (高岡市中川園町13−1)
参加費:4,000円 ※学生は無料です

第8回地域福祉フォーラム.jpg

詳しくは、要綱・プロフィールをご覧ください
第8回地域福祉フォーラムinTOYAMA.pdf



posted by 富山県自閉症協会 at 15:25| Comment(0) | 各種情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎年4月2日は、国連の定めた世界自閉症啓発デー

発達障害啓発週間について

自閉症の人たちが生活しやすい社会は、みんなが幸せに生活できる社会につながります。そのため日本では、4月2日から4月8日の1週間を、自閉症をはじめとする発達障害をみんなが知るための発達障害啓発週間としています。

日本各地で啓発イベントが行われます。
富山でもいろんな企画がされています。
今後ご案内していきますね。

かわいいポスターやわかりやすいリーフレットは、
世界自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイトよりダウンロード出来ます。


ポスター.jpg

posted by 富山県自閉症協会 at 15:15| Comment(0) | 各種情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする